水風呂
水風呂

五香湯の水風呂とは

五香湯の水風呂は、サウナと同様に浴場の2階でサウナの前にあります。
サウナに入浴をした後、すぐに水風呂に入ることができます。

水は井戸水を使用しており非常に冷たくサウナで暖まった身体を冷やすことができます。

水風呂の効果とは

水風呂はサウナの後に入ると冷たくて気持ちがいいというだけでなくいろいろな健康効果があります。
水風呂に入ることで得られる様様な健康効果の説明をします。

また、水風呂は非常に冷たく身体を急に冷やすので入浴時の注意点があります。
注意点の説明を行います。

美肌効果

水風呂の主な効果として美肌効果があります。
サウナに入り暖められた後に冷たい水風呂に入ると皮膚や汗腺に刺激を与えることができます。
また、温度変化によって血管が収縮して血行が促進します。
このことにより新陳代謝が高まり若々しい肌を保ちます。

免疫力を高める

サウナに入った後に水風呂に入ることで血管が活発に弛緩と収縮を繰り返します。
このことで血管は強化されて身体の様様な機能が正常に作用して免疫力がアップします。

免疫力がアップすることで風邪などの病気に掛かりにくい身体になります。
ただし、温度差によって血管の弛緩と収縮に耐え切れず破裂するケースもあるので注意が必要です。

ダイエット効果

水風呂にはダイエット効果があります。
冷たい水に入ることで身体は体温を維持しようとして脂肪を燃焼します。
脂肪を燃焼することでスポーツしたのと同じようにダイエット効果が期待できます。

水風呂の入り方

水風呂
水風呂

水風呂にはいろいろな健康効果があることがわかりましたが、最大限に効果を得るためには正しい入り方をする必要があります。
水風呂の入り方について説明をします。

いきなり全身を入ってはいけません。
心臓に遠い部分から徐々に入っていくようにしましょう。

足首から順番に入っていって下さい。
足先→足首→ふくらはぎや太もも→おなか→手→腕

足首からでも一気に入らず少しずつ入るようにしましょう。
心臓に近い部分は最後です。

入浴時間も最初は短く5分ぐらいで徐々に伸ばすようにしましょう。

水風呂の注意点とは

以外にも健康効果が抜群の水風呂も入浴する際の注意点があります。
注意点の説明を行います。

  • 体調の悪い場合は入浴しないように
  • 水風呂は身体に負担を掛けます。体調が悪い場合は、無理をして入力しても返って逆効果です。体調の悪い場合は入浴を控えましょう。

  • 水風呂だけ入る
  • サウナには入浴しないで水風呂だけに入浴するのは身体を冷やすだけなので身体にはよくありません。

  • 飲酒後の入浴は不可
  • お酒を飲むと血管が広がります。そのタイミングで水風呂に入ると危険です。

  • 高血圧、心疾患、不整脈がある人は要注意
  • 水風呂は血管や心臓に負担を掛けます。
    心疾患、循環器の異常がある場合は入浴前に必ず医師に相談して下さい。

まとめ

冷たくて気持ちのいい水風呂ですが、多くの健康効果があります。
しかしながら、身体に負担が掛かるものなのでしっかりと入浴方法や注意点を守って入浴するといいでしょう。
入浴の方法を健康効果どころか間違えると返って危険です。